三月十七日

國民型受信機

日ごろお仕事ちうはネットでラジオを聴いているのですが
先日「デジタルラジオへの移行を推進」と言う話題が出て

ラジオまでデジタル化するのか(゚д゚)・・・・・

AM放送(中波)は電波が届かない・・うんたらかんたら・・が
理由らしいのですが、先日の震災で一番役立ったのが
電源の要らないゲルマラジオでした。
AM放送というのは電波さえ捉えられれば音を復調する
のは何とかなる物なんですが、デジタル化してしまうと
電波を捉えてもどうにもならないんですよね~。
専用の部品と回路が必要、しかも電源が要る。

と言う事で無くなる前に(と言ってもまだ先でしょうが)ラジオ
でも作るか~と、ネットで見つけた部品を(゚д゚)σぽちっとな・・。
c0145418_19321985.jpg

c0145418_19322216.jpg

どちらもAM,FM,短波を受信できるんですが・・・・眺めてて
ラジオって回路ではなく、部品になっちゃったんだな~と言う感想と
作っても面白くなさそう・・・(´・ω・`)

と言う事で・・・・
保守用に買っていた部品と真空管アンプ一号機とゲルマラジオを
分解合体させて「國民型受信機」を作ってみました。

有り合せの部品使ってるのでツマミが不揃い(笑)
c0145418_19373055.jpg

真空管は2本
c0145418_19374062.jpg

電源部は相変わらずの混み具合です。
c0145418_19374545.jpg

ラジヲ部分は単純な回路なのでスカスカ
c0145418_19374883.jpg

回路的には「再生検波型受信機」と呼ばれる物で
「並三ラジオ」とか「0-V-1」とか「オートダイン受信機」とも呼ばれる
回路方式です。
おまけとして停電しても聴けるように、ゲルマラジオ回路を追加して
切り替えられるようにしてあります。

戦後日本放送教会認定受信機として普及していたのですが、感度が今一
(真空管の性能が低かった)で、チューニング調整時に感度を上げすぎると
ピ~~~~~~~っと発振しちゃう。
その頃近い周波数で通信してた進駐軍がこれに悩まされた。
何しろ日本中に広く普及しててあちこちでピ~ピ~電波を発射しちゃうから
通信が妨害を受けちゃったんですね~(´ー`)
GHQが「ふざけんな(゚д゚#オートダインやめれ、スーパーヘテロダインにしろ!!」と
切れちゃったんで、その後は色々有って五球スーパーが標準ラジオの地位に。
とは言っても、単純でアンテナさえちゃんと張れれば実用性が高かったので
短波受信機として昭和五十年ぐらいまでキットが売られてました。

と・・・・懐古趣味も入って作ってみましたが、感度、選局性能はまぁまぁですが
(」゚д゚)」<音が悪い~~~!

次は高一ラジオか五球スーパーあたりか・・・・FMラジオも欲しいな~。
さて・・・何作ろう(´ー`)




ちなみに聴くだけなら、¥660でAM/FMラジオが売られてますヽ(。_゚)ノ□~~♪
[PR]
by drc-err | 2013-03-17 20:07 | G5

何が撮りたいんだっけ?


by drc-err